FC2ブログ
気まぐれ気分屋の「そぅ」が思うが侭に書き綴る
気まぐれ日和
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱いうちに
2016-04-02-Sat  CATEGORY: 未分類
やぁ(´・ω・`)

まさか1日に2つの記事を書くことになるとは思ってもいなかった。
この記事もまた同じようにフリゲ紹介ですよ。

つい先程EDを迎えてお熱があるうちにと思いましてね。



----------------------



今回はこちら
四人の王国

ほぼ一本道ADV
ウディタ製のフリーゲームです。

ウディタ製ツクール製と違いは色々ありますが
プレイ側としてはあまり気にしなくていいことなのでお気になさらず。

たまに戦闘シーンなんかもありましたが
特別難しいこともなくポチポチしてるだけで大丈夫でした。

個人的には色々と考えさせられる部分もありまして
人生について 夢についてなど何かある方はぜひ。

ひたすらに選択肢が出まくるという点は賛否がありそうですが
それが返って面白かったと思います。
色々な意味で酷だったなーと。

まぁあくまでも俺個人の感覚でですけどね。
人によっては迷うことなく選ぶことも十分出来るでしょう。

とにかく楽しかった!
マルチエンディングみたいですが
はてさてどんなルートが残っているのか。

幾つか予想?は出来るのですが・・・。





続きにネタバレ含むことを書いてあります





ここからはネタバレ含む内容です。


色々と伏せながら書こうと思うと難しいですね。

そんなわけでこっちにざっくりと書こうかと思いまして
と言っても登場キャラのあれこれですが。

とりあえずクリア後のおまけにあったキャラ投票ですが
正直嫌いなキャラはいないです。
仕方なく押した感じが強いです。

とはいえ黒幕であったライツはやはり嫌われ者のようだ。
あとクーも以外と嫌いな方が多いそうで面白かった。

多分2回目の人気投票があると思うんですが
結果が楽しみですね。


ストーリーを通じてキャラの良し悪しが変わるのはよくあることです。

というか前半結構ファンタジーちっくな感じだったのに
後半で妙にリアルな展開で非常に苦しかったですよ、えぇ。
社畜や・・・!って感じで。

結局カシューの過去話もあまり深くは出てきませんでしたし
クーも似たような感じだったかな・・・?

まぁそれは置いといて
クーことクーフィアは確かにメンヘラちゃんだったが
個人的にはそれでも守ってやりたいという気持ちになりました。

カシューやジャンは最初疑いたくなりましたが
クーの部下っていう点からどうしてもそんな感じはしなかったのですが
案の定濡れ衣で罪を被せられていただけで安心しました。

ガレンとジャックスは正直『うーん・・・』といったところ。
嫌いではないが好きでもないような感じですかね。
マイトは気さくでいいやつってことでなかなか好きなキャラではある。

ダンは最初もろに嫌いな方でしたが
ストーリー通じて好きになりました。
決め手はやはり仲間の大切さなど実は思いやりのあるやつだったこと。
仲間も個性的でダンチーム?はみんな好きです。

それからセイも後半で変わりましたね。
確かにあの妙に難癖付ける感じは鬱陶しいですが
彼の考えは好きです。
罪人と噂されていても確証がないこと云々という流れ。
彼なりの正義を貫いて主人公たちを生かしたあの展開は熱かった。

リーフィアはなんだか妹(クー)という存在に縛られていた感じがしました。
最後の最後で『お姉ちゃんの人形じゃない』と突き放されて沈んでいたようですが・・・。
その前の主人公に対する『こんな奴のどこがいいの?』っていう発言にちょっとムッとしたとか言えない。
性格としては割りと腹黒い面が強いのだろうか・・・?
それともあの場においては敵対位置にいたから・・・?
謎です。

サトミは職業柄?なのか結構面倒見がいいというか世話焼きというか。
後半は特に主人公の手助けで活躍していたし
純粋にいい人だけども本音を本人目の前で躊躇なく言うのは少々アレ。

ミエルはボクっ娘だと思っていたんですが
普通に男の子だったことに衝撃を・・・。
彼が主人公にしたことは許しがたいですが
なんだかんだで協力してくれたしいい子でしたね。

ライツ・・・はとにかく黒かったな・・・。
しかし彼は彼なりの過去があってあのようにするしかなくなってしまったと。
最後まで主人公を消そうとしてきたのは単純に黒いからというわけではなく
引けないからこそというのもあったのだろうか・・・?

そして人気の高いリカである。
まさか彼女があんなヒロイン格へとなるとは。
途中から選択肢にもガッツリと出てきた彼女は
そのキャラクター性からも好きになるのは致し方無い・・・。
最後の登場シーンからの選択肢は本当に辛かった。


どのキャラも個性的で本当に良かった。
故に誰かに絞るような選択肢は苦行だった・・・。

タイトルである四人の王国というとこから
複雑な気持ちを押し切ってクーを選びましたが・・・。
あれはあれでリカが・・・という点でホントにもう・・・。

かと言ってあそこでリカを選んだらクーもそうだし
カシューやジャンとも・・・。

リカのEDが気になるけども
俺には出来ない・・・。
勇気がないぞ・・・。

しかしストーリーはホント心に来るものがありましたね。
俺にも何か『曲げることが出来ない絶対に譲れないもの』ができるといいんですが。
無理に考えるよりは自分の性格からそれをそのまま通せばいいかなとも。

自分で言うのもなんですが
優しさは結構あるつもりですし
もちろんそれは基本的に誰にでも振りまきます。

これだけは変わらずに生きていきたいですね。


それでは長々とありがとうございました。











スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/12 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2018 気まぐれ日和. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。